あの人は何故こんなにも
優しい声色で僕に話しかけてくれたのだろう

あなたに言われた一言が
僕の心に深く刺さった。

僕はきっとあからさまに落ち込んでいた。
みんな気がついて僕に言う
「大丈夫?」

ねえ。大丈夫の基準ってなんですか
そう返した。この場に居たくない
早く帰りたい。一人になりたい。
きっとこのまま、死んだ魚の目をしたまま
帰るのだろうと思ったら
憂鬱になっていった。

でもあの人が僕を呼んだ。
「どうしたの?」って言いながら
僕の話を聞いてくれた。
氷を溶かすかのように暖かい声色で。
そんな暖かく言われると
何かがこぼれてしまいそうで
逃げようとしたけど手を掴まれてしまった。

氷が溶け、
ぬるい涙になって頬を伝っていく。

あの人は何故こんなにも 優しい声色で僕に話しかけてくれたの…

靉靆。 20日前

  • カテゴリタグ 日記
  • 閲覧数 10ビュー
  • お気に入り数 266お気に入り
作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
あの人は何故こんなにも
優しい声色で僕に話しかけてくれたのだろう

あなたに言われた一言が
僕の心に深く刺さった。

僕はきっとあからさまに落ち込んでいた。
みんな気がついて僕に言う
「大丈夫?」

ねえ。大丈夫の基準ってなんですか
そう返した。この場に居たくない
早く帰りたい。一人になりたい。
きっとこのまま、死んだ魚の目をしたまま
帰るのだろうと思ったら
憂鬱になっていった。

でもあの人が僕を呼んだ。
「どうしたの?」って言いながら
僕の話を聞いてくれた。
氷を溶かすかのように暖かい声色で。
そんな暖かく言われると
何かがこぼれてしまいそうで
逃げようとしたけど手を掴まれてしまった。

氷が溶け、
ぬるい涙になって頬を伝っていく。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

1件のコメント

  • 1. 靉靆。

    あなたと仲のいいあの人を嫌いになれない理由のひとつ。あなたは優しくて、声色が暖かくて、とてもいい人だから。

    20日前

アプリをインストールして、この作品にコメントしよう!

このままページを見る