雨に濡れながら僕は歩く
音楽を耳に流し込んだ

担任が言った
「顔が時々暗いからどうしたのかなって」
先輩が言った
「お前がいるからここにいるんだよ」
あなたが言った
「○○さんどうしたの?」

色々な人に親切にされた
色々な人が僕を見た

僕は目を逸らした
僕にそんな価値があるのかと
僕に時間を割く必要性なんてあるのかと

迷惑ばかりかけた
苦しくなった
それでも少し嬉しくて
でも申し訳なくなって。

そしたら僕に誰かが囁いた
「「寂しい辛いアピール痛いんだよ」」

「「偽善者が」」

「「あいつとは一緒になれない
叶わない諦めろ」」

雨に濡れながら僕は歩く 音楽を耳に流し込んだ 担任が言った…

キリエ 10ヶ月前

  • カテゴリタグ 日記
  • 閲覧数 12ビュー
  • お気に入り数 63お気に入り
作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
雨に濡れながら僕は歩く
音楽を耳に流し込んだ

担任が言った
「顔が時々暗いからどうしたのかなって」
先輩が言った
「お前がいるからここにいるんだよ」
あなたが言った
「○○さんどうしたの?」

色々な人に親切にされた
色々な人が僕を見た

僕は目を逸らした
僕にそんな価値があるのかと
僕に時間を割く必要性なんてあるのかと

迷惑ばかりかけた
苦しくなった
それでも少し嬉しくて
でも申し訳なくなって。

そしたら僕に誰かが囁いた
「「寂しい辛いアピール痛いんだよ」」

「「偽善者が」」

「「あいつとは一緒になれない
叶わない諦めろ」」

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る