「なに落ち込んでるの」
僕を傷つけた当の本人が話しかけて来た

「落ち込んでないですよ」
そう僕は返す
「先生がそう言うから」
「別にいいですよ」「もう大丈夫ですから」

大丈夫なわけない
辛かった、苦しかった。

自分がいても何も出来ない
じゃあ来る意味はない
なぜ来たのか。

そんなあなたの言葉に僕は動揺して
図星だから何も言い返せなかった。

たとえあなたの意地悪だとしても
今回ばかりは上手く対応できなかった

ただ。それだけの話。

「なに落ち込んでるの」 僕を傷つけた当の本人が話しかけて来…

キリエ 9ヶ月前

  • カテゴリタグ 日記
  • 閲覧数 18ビュー
  • お気に入り数 92お気に入り
作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
「なに落ち込んでるの」
僕を傷つけた当の本人が話しかけて来た

「落ち込んでないですよ」
そう僕は返す
「先生がそう言うから」
「別にいいですよ」「もう大丈夫ですから」

大丈夫なわけない
辛かった、苦しかった。

自分がいても何も出来ない
じゃあ来る意味はない
なぜ来たのか。

そんなあなたの言葉に僕は動揺して
図星だから何も言い返せなかった。

たとえあなたの意地悪だとしても
今回ばかりは上手く対応できなかった

ただ。それだけの話。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

1件のコメント

  • 1. キリエ

    意地悪しすぎてやりすぎたかなとでも思ったのか、あなたはとても優しくなった。 それがいつもと違うからなんだか調子が狂いそうで。僕は優しい先生が大好きなんだ。時々、深く刺さってしまうだけであなたの意地悪も好きなんだよ。あなたと話そう。傷を埋めるために。

    9ヶ月前

アプリをインストールして、この作品にコメントしよう!

このままページを見る