あなたが手を出し
僕を犬のように扱うあなたが
「お手」
と言う。

動揺した僕は硬直して
どうしようと迷う。
迷っていたら
他の子が手を置いてしまった。

後々から後悔した
なぜ僕はあの時置けなかったのか。
あなたの手に触れる事が
僕にとってはとてつもなく緊張するものだった。
あの時、置いていれば良かったと
あなたの手に触れることが
僕にとってはとても幸せなことなのに。

あなたはどうなのだろう
あの時手を置いたらあなたはどんな感情を
どんな思いになったのだろう。
少し期待してしまうのは
僕が馬鹿だからなのだろうか。

あなたが手を出し 僕を犬のように扱うあなたが 「お手」 と…

靉靆。 19日前

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
あなたが手を出し
僕を犬のように扱うあなたが
「お手」
と言う。

動揺した僕は硬直して
どうしようと迷う。
迷っていたら
他の子が手を置いてしまった。

後々から後悔した
なぜ僕はあの時置けなかったのか。
あなたの手に触れる事が
僕にとってはとてつもなく緊張するものだった。
あの時、置いていれば良かったと
あなたの手に触れることが
僕にとってはとても幸せなことなのに。

あなたはどうなのだろう
あの時手を置いたらあなたはどんな感情を
どんな思いになったのだろう。
少し期待してしまうのは
僕が馬鹿だからなのだろうか。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る