小林くん

小林くん

死ノ宮 2ヶ月前

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
小林くん

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

44件のコメント

  • 1. 死ノ宮

    小林君、金髪にするか死ぬほど迷った

    2ヶ月前
  • 2. 死ノ宮

    そこはかとなくアズ感

    2ヶ月前
  • 3. 死ノ宮

    小林君は心がない(羨偽と契約してる)のでどう考えてもこんな幸せそうに笑わない

    2ヶ月前
  • 4. 死ノ宮

    いつぞや描いたうちの子プラス小林君が売ってた恋心の話の宝石ね

    2ヶ月前
  • 11. 死ノ宮

    心が壊れて笑うことの出来なくなった好きな女の子の為にその女の子の心の形に合う宝石を羨偽に求めたんですよ

    2ヶ月前
  • 12. 死ノ宮

    まぁ裏で商売もしてるので借金作らせてその対価に心を売らせたりとかしてね、色んな人集めて探したんですけど無いんです

    2ヶ月前
  • 13. 死ノ宮

    ようやく見つけたその宝石は自分の心で、でも小林君はそれを知った時一切の躊躇無しで女の子にあげるんです

    2ヶ月前
  • 14. 死ノ宮

    その女の子はまぁ他の人と結婚して幸せになったんですけど!!

    2ヶ月前
  • 15. 死ノ宮

    きっと笑顔で小林君の知らない誰かと結構きて子供抱いて笑ってるよ

    2ヶ月前
  • 17. 死ノ宮

    羨偽はその一部始終を見て「愚かだネ、」って笑ってます

    2ヶ月前
  • 18. 死ノ宮

    もうね〜、心失ってから目的のためなら割となんでもする常識はあれど容赦の無い子になりましたね

    2ヶ月前
  • 19. 死ノ宮

    多分心売ったのは高校辺りですかね

    2ヶ月前
  • 20. 死ノ宮

    そっからどんどん店が発展していったっていう皮肉

    2ヶ月前
  • 22. 死ノ宮

    小林君はその女の子のこと覚えてますが今となっては「だから?」としか思えないんですね

    2ヶ月前
  • 23. 死ノ宮

    その代わり女の子は小林君のこと忘れてます、だって羨偽とそういう契約したもんね

    2ヶ月前
  • 24. 死ノ宮

    女の子は普通に平民の女の子でした

    2ヶ月前
  • 25. 死ノ宮

    小林君のお店は親が作ったのを受け継いで何倍もの規模の店にしたって感じなんですけど

    2ヶ月前
  • 26. 死ノ宮

    多分まだ小林君が親の手伝いしてた時によくお店にお使いとかに来てた女の子なんですよね

    2ヶ月前
  • 27. 死ノ宮

    いや受け継いだっていうかほぼ乗っ取ってるが

    2ヶ月前
  • 28. 死ノ宮

    女の子の設定作らないとな〜って思いながら面倒でずっと作ってません

    2ヶ月前
  • 29. 死ノ宮

    そりゃ心無い小林君みたいに容赦無い判断出来ないレイは小林君に口喧嘩で負けるよなって

    2ヶ月前
  • 30. 死ノ宮

    心無いけど頭良いので相手が考えてること読み取るし利用するし笑顔というものも心得ている

    2ヶ月前
  • 31. 死ノ宮

    心失う前の小林君「例えお前が世界全てを敵に回しても、俺が絶対お前のこと守るから」 心失った小林君「貴方がこの世界の全てを敵に回したなら、その全てを切り捨てて貴方だけの世界にしましょう」

    2ヶ月前
  • 32. 死ノ宮

    あ゛〜〜〜〜……

    2ヶ月前
  • 33. 死ノ宮

    心失う前は割と口悪くなったりもするがお客様の前ではちゃんとした言葉遣いができる良い子

    2ヶ月前
  • 34. 死ノ宮

    待って数字組ってか壱弐、小林君のこと何も読めないのでは?

    2ヶ月前
  • 35. 死ノ宮

    心を読む2人とその心が無い小林君じゃん

    2ヶ月前
  • 36. 死ノ宮

    羨偽との出会いですか? あの女の子のことを笑わせてあげたいんですって話したお客様は実は羨偽の変装だったんですよね

    2ヶ月前
  • 37. 死ノ宮

    「…あのコの心は粉々だネ。再生スル余地もなイ。あのコがもう一度笑ウなんて、それこソ絶望的だろウ」

    2ヶ月前
  • 38. 死ノ宮

    って、そこからどうしたら笑わせられる?ってなって契約結ぶんですよね

    2ヶ月前
  • 39. 死ノ宮

    ・女の子の心の形に合う宝石を見つけたら女の子に渡す ・女の子が小林くんのことを忘れる代わりに小林くんは全てを覚えている ・女の子の心の形に合わなかった宝石は羨偽が回収する

    2ヶ月前
  • 40. 死ノ宮

    的な条件で

    2ヶ月前
  • 41. 死ノ宮

    羨偽はこの時点で小林くんの心が女の子にぴったりだって分かってるけど何も言わないんですよ、だって人の心は魔具とか薬の材料になるからね、いっぱい欲しいもんね

    2ヶ月前
  • 42. 死ノ宮

    小林君、好きになったのがあの女の子じゃなければ郊外の小さめの商店で笑顔で商売やってる未来があったかもしれない

    2ヶ月前
  • 43. 死ノ宮

    心ある小林くん「あいつ?…ちょーぜつ可愛い俺の嫁」 心無い小林くん「すみません、私の妻に手、出さないで貰えますか?」

    2ヶ月前
  • 44. 死ノ宮

    心ある小林くんは心底愛しそうな顔して言うし心無い小林くんは執着を滲ませた笑顔で言う

    2ヶ月前

アプリをインストールして、この作品にコメントしよう!

このままページを見る