「私がいなくても大丈夫そうで」

君がそう言った。

「大丈夫」?……どこが。
大丈夫なんかではなかったよ。

他の人と笑い合う君を見る度、
胸が苦しくなった。痛かった。
見ないように、見えないように、
目を逸らしてずっと笑っていたけれど。

「大丈夫」ではなかった。
「大丈夫」ではないから、
他の人と話して、笑って、
考えないようにしてたんだ。
この醜い感情に自分自身が気づかないように。


ねぇ、〇〇。
私は〇〇が大好きだよ。
離れてなんか欲しくない。

〇〇はあの人がいなくても、
「大丈夫」なの?
私は君がいないと寂しいよ。
「君がいなくても大丈夫」なんじゃない。
「君がいるから大丈夫」なんだ。

「私がいなくても大丈夫そうで」 君がそう言った。 「大丈夫…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
「私がいなくても大丈夫そうで」

君がそう言った。

「大丈夫」?……どこが。
大丈夫なんかではなかったよ。

他の人と笑い合う君を見る度、
胸が苦しくなった。痛かった。
見ないように、見えないように、
目を逸らしてずっと笑っていたけれど。

「大丈夫」ではなかった。
「大丈夫」ではないから、
他の人と話して、笑って、
考えないようにしてたんだ。
この醜い感情に自分自身が気づかないように。


ねぇ、〇〇。
私は〇〇が大好きだよ。
離れてなんか欲しくない。

〇〇はあの人がいなくても、
「大丈夫」なの?
私は君がいないと寂しいよ。
「君がいなくても大丈夫」なんじゃない。
「君がいるから大丈夫」なんだ。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

1件のコメント

  • 1. 精神安定剤

    君がそこにいるとわかっているから。 君はそこにいると信じているから。

    2ヶ月前

アプリをインストールして、この作品にコメントしよう!

このままページを見る