君の笑顔が苦しくて、
君が誰かに触れるのが嫌で、
僕じゃない誰かの隣にいる方が、
楽しそうに見えてしまったから…。

だから逃げるように帰った。

背を向けて、別の友人と話して。

苦しくて辛くてどうしようもない。

けれど、どうにもならない。

「もしかしたまだ」なんてないんだ。
「ワンチャン」なんかないんだ。

僕は失恋したんだ。
言われたのに。

「その思いには答えられない」と。

君の笑顔が苦しくて、 君が誰かに触れるのが嫌で、 僕じゃな…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
君の笑顔が苦しくて、
君が誰かに触れるのが嫌で、
僕じゃない誰かの隣にいる方が、
楽しそうに見えてしまったから…。

だから逃げるように帰った。

背を向けて、別の友人と話して。

苦しくて辛くてどうしようもない。

けれど、どうにもならない。

「もしかしたまだ」なんてないんだ。
「ワンチャン」なんかないんだ。

僕は失恋したんだ。
言われたのに。

「その思いには答えられない」と。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る