君が頭を撫でた。
肩に腕を回して、耳に触れた。

大意なんてないことはわかってる。

それでも、
ありもしない理由を探してしまう。


珍しく君が触れてくれるから、
少し調子が狂いそうだ。
意味は無い。理由はない。
わかってる。
わかってるさ、そんなこと…。


君は、何を思ってたのかな…。

君が頭を撫でた。 肩に腕を回して、耳に触れた。 大意なんて…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
君が頭を撫でた。
肩に腕を回して、耳に触れた。

大意なんてないことはわかってる。

それでも、
ありもしない理由を探してしまう。


珍しく君が触れてくれるから、
少し調子が狂いそうだ。
意味は無い。理由はない。
わかってる。
わかってるさ、そんなこと…。


君は、何を思ってたのかな…。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る