私がいくら叫んでも、先生には届かない。
「助けて」と言ったところで、
それらは全て意味の無い行為。

先生にとって私の命は雑草程度。
私が死んでも、悲しくはないだろう。
むしろ、面倒を起こしたと、嫌うだろう。

「××の悩みがちっぽけとか思わないよ」
なんて、何度か言ってくれていたのに、
結局最初から先生は、
真面目に受け止めてはいなかったんだね。
私がこういうことを言ったら先生は、
「手のひら返しだ」と私を悪く言うだろうか。

いつでも生徒は悪者で、先生は正義なんだ。
何をしても、必ず味方がいる。
必ず誰かが擁護してくれる。

生徒の味方は誰なんですか。
都合のいい大人は嫌いです。
だから大人は大嫌いです。

私がいくら叫んでも、先生には届かない。 「助けて」と言った…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
私がいくら叫んでも、先生には届かない。
「助けて」と言ったところで、
それらは全て意味の無い行為。

先生にとって私の命は雑草程度。
私が死んでも、悲しくはないだろう。
むしろ、面倒を起こしたと、嫌うだろう。

「××の悩みがちっぽけとか思わないよ」
なんて、何度か言ってくれていたのに、
結局最初から先生は、
真面目に受け止めてはいなかったんだね。
私がこういうことを言ったら先生は、
「手のひら返しだ」と私を悪く言うだろうか。

いつでも生徒は悪者で、先生は正義なんだ。
何をしても、必ず味方がいる。
必ず誰かが擁護してくれる。

生徒の味方は誰なんですか。
都合のいい大人は嫌いです。
だから大人は大嫌いです。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る