君にブロックされてから

君の彼女とゆっくり話した。

彼女に、彼の苦しみをすべて話してしまった

そして
「彼を一人にしないで欲しい
彼との時間を作る気がないのなら
付き合う意味は無い筈だ」

みたいな事を伝えた。

彼女はとても驚いてショックを受けていた

自分のした仕打ちにさえ気づいていなかった。

話していて苦しくて苦しくて仕方なかったけど

これで、少しは向き合えるかな?

君が少しでも笑えるのなら
私の気持ちは無かったことにする。

私はずっと、願い続ける。

君がもう苦しまないように
君がまた、笑顔になれますように。

君にブロックされてから 君の彼女とゆっくり話した。 彼女に…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
君にブロックされてから

君の彼女とゆっくり話した。

彼女に、彼の苦しみをすべて話してしまった

そして
「彼を一人にしないで欲しい
彼との時間を作る気がないのなら
付き合う意味は無い筈だ」

みたいな事を伝えた。

彼女はとても驚いてショックを受けていた

自分のした仕打ちにさえ気づいていなかった。

話していて苦しくて苦しくて仕方なかったけど

これで、少しは向き合えるかな?

君が少しでも笑えるのなら
私の気持ちは無かったことにする。

私はずっと、願い続ける。

君がもう苦しまないように
君がまた、笑顔になれますように。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る