貴方の匂いに負けて、この先の匂いも
分からないままだ。

貴方の隣でその匂いを嗅いでいたいのにな、
貴方は去ってそのまま、残り香も何にも
残らないまま… 飛びだった。

今、逢いたいよ、この世界の片隅に居たとしても
飛びだった貴方は私を忘れてるけど…。

もう貴方は居ないけど…  もう一歩踏めば
逢えるけど…  なら逢いにいこうか。

電車の音が、駅員さんの合図が、私の耳には
届かない。

行くか

貴方の匂いに負けて、この先の匂いも 分からないままだ。 貴…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
貴方の匂いに負けて、この先の匂いも
分からないままだ。

貴方の隣でその匂いを嗅いでいたいのにな、
貴方は去ってそのまま、残り香も何にも
残らないまま… 飛びだった。

今、逢いたいよ、この世界の片隅に居たとしても
飛びだった貴方は私を忘れてるけど…。

もう貴方は居ないけど… もう一歩踏めば
逢えるけど… なら逢いにいこうか。

電車の音が、駅員さんの合図が、私の耳には
届かない。

行くか

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る