「夢が叶った」と、
喜び安堵する友人を何人も見た。

当然僕も喜ばしかった。
でも、同時に、
どうしようもない劣等感に苛まれた。

僕の選んだ道は僕のもの。
彼らが選んだ道は彼らのもの。
わかってる。わかってるのに。

僕の選択は間違いだったのではないかと
不安になるんだ。


僕は何を頑張った?
僕を何を得た?
僕は誰で、何をしてる?

怠けてるなど、
思われないようにと
必死になってみても失敗。

あぁもう嫌だ。

学校嫌い。

「夢が叶った」と、 喜び安堵する友人を何人も見た。 当然僕…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
「夢が叶った」と、
喜び安堵する友人を何人も見た。

当然僕も喜ばしかった。
でも、同時に、
どうしようもない劣等感に苛まれた。

僕の選んだ道は僕のもの。
彼らが選んだ道は彼らのもの。
わかってる。わかってるのに。

僕の選択は間違いだったのではないかと
不安になるんだ。


僕は何を頑張った?
僕を何を得た?
僕は誰で、何をしてる?

怠けてるなど、
思われないようにと
必死になってみても失敗。

あぁもう嫌だ。

学校嫌い。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る