あの歌を聴いて
あの言葉達を聴いて

何にも。何ひとつの希望もないって
本当に感じていた自分に
小さな、けれどとても大きな一筋の光が
私の身体に入ってきた気がした

人は誰しも歌詞に自分を重ねていると思う
メッセージ性が強い言葉程、
それで自分の心が救われる瞬間てあると思う

私が今聴きたいと思って聴いている歌は
あなたにはありふれた、誰でも感じている、
どうって事のない言葉達だったかもしれない
あなたから見れば何の感情も感じられない
平凡な歌だったかもしれない

私には今の自分に思えて仕方のない言葉達だった
けれどあの歌は私が感じていた「希望がない」という絶望なんてないって歌っていた
どんなに絶望感を感じていても
光が必ずある、と歌っていた
小さな、小さな光だけれど
小さな小さな希望だけれど
ゼロじゃない、と。
そう伝えてくれたように思えた

あの歌を
あなたが何処にでもあるような歌だと感じたのなら
それが今の二人の大きな違い
同じ気持ちで、涙すら流れて聴けなかったという事が

今の二人の形

悲しいけれど

あの歌を聴いて あの言葉達を聴いて 何にも。何ひとつの希望…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
あの歌を聴いて
あの言葉達を聴いて

何にも。何ひとつの希望もないって
本当に感じていた自分に
小さな、けれどとても大きな一筋の光が
私の身体に入ってきた気がした

人は誰しも歌詞に自分を重ねていると思う
メッセージ性が強い言葉程、
それで自分の心が救われる瞬間てあると思う

私が今聴きたいと思って聴いている歌は
あなたにはありふれた、誰でも感じている、
どうって事のない言葉達だったかもしれない
あなたから見れば何の感情も感じられない
平凡な歌だったかもしれない

私には今の自分に思えて仕方のない言葉達だった
けれどあの歌は私が感じていた「希望がない」という絶望なんてないって歌っていた
どんなに絶望感を感じていても
光が必ずある、と歌っていた
小さな、小さな光だけれど
小さな小さな希望だけれど
ゼロじゃない、と。
そう伝えてくれたように思えた

あの歌を
あなたが何処にでもあるような歌だと感じたのなら
それが今の二人の大きな違い
同じ気持ちで、涙すら流れて聴けなかったという事が

今の二人の形

悲しいけれど

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る