愛が何かを分からずに
独りよがりに周りを傷つけ
優しさを求めた。
ただ、誰かの優しさや
ぬくもりに触れたかった
その身勝手な思いが
自分自身までも傷つけ
心まで切り裂き
夕暮れの空を眺めながら
自分の弱さを感じた。
人の優しさやぬくもりが
欲しいと思った身勝手な
プライドが自分を弱くした
悲しい男の嘆きの響きが
伝わるかのように夜空が
今日も寂しく静かに照らし出す。

愛が何かを分からずに 独りよがりに周りを傷つけ 優しさを求…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
愛が何かを分からずに
独りよがりに周りを傷つけ
優しさを求めた。
ただ、誰かの優しさや
ぬくもりに触れたかった
その身勝手な思いが
自分自身までも傷つけ
心まで切り裂き
夕暮れの空を眺めながら
自分の弱さを感じた。
人の優しさやぬくもりが
欲しいと思った身勝手な
プライドが自分を弱くした
悲しい男の嘆きの響きが
伝わるかのように夜空が
今日も寂しく静かに照らし出す。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る