また、笑えなかった。

君の冗談に、また胸がざわついた。
君が本当に僕を捨てるわけはないというのに、
その「冗談」に気づかずに。気づけずに。
胸が痛んだのだ。ギュンと音を立てたのだ。
      でも、笑わなきゃだよね。ごめんね。

また、笑えなかった。 君の冗談に、また胸がざわついた。 君…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
また、笑えなかった。

君の冗談に、また胸がざわついた。
君が本当に僕を捨てるわけはないというのに、
その「冗談」に気づかずに。気づけずに。
胸が痛んだのだ。ギュンと音を立てたのだ。
でも、笑わなきゃだよね。ごめんね。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る