君の声が優しい。

いつも意地悪な君が、とても優しくて、
私は馬鹿だから、また期待をするんだ。

君に「大好き」と連呼する。
でも私は君の保険。

「✕✕は私をどうしたいの?」君が言う。
「君を手に入れたい」と私は答える。
「諦めるな」と画面の向こう側は言う。

私は、君が好き。大好き。
君とあの人の方が叶いそうでも、
愛を伝え続ける相手は変わらない。

大好き。大好きだよ。
何回でも言うよ。君が好きだよ。
例え君はあの人が好きだとしても。

君の声が優しい。 いつも意地悪な君が、とても優しくて、 私…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
君の声が優しい。

いつも意地悪な君が、とても優しくて、
私は馬鹿だから、また期待をするんだ。

君に「大好き」と連呼する。
でも私は君の保険。

「✕✕は私をどうしたいの?」君が言う。
「君を手に入れたい」と私は答える。
「諦めるな」と画面の向こう側は言う。

私は、君が好き。大好き。
君とあの人の方が叶いそうでも、
愛を伝え続ける相手は変わらない。

大好き。大好きだよ。
何回でも言うよ。君が好きだよ。
例え君はあの人が好きだとしても。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る