君が好きなんだ。
多分、君の周りにいる他の誰よりも。
でもきっと、
僕が「好きです」なんて言っても、
君は「ありがとう」としか返さないんだろうな。

君が好きなんだ。

君が好きなのに…。

性別の異なり。
あるべき「カタチ」とは違う形。
僕が男だったら、
君に「好き」って気持ちを抱き続けることは、
許されたのだろうか…。

君が好きなんだ。 多分、君の周りにいる他の誰よりも。 でも…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
君が好きなんだ。
多分、君の周りにいる他の誰よりも。
でもきっと、
僕が「好きです」なんて言っても、
君は「ありがとう」としか返さないんだろうな。

君が好きなんだ。

君が好きなのに…。

性別の異なり。
あるべき「カタチ」とは違う形。
僕が男だったら、
君に「好き」って気持ちを抱き続けることは、
許されたのだろうか…。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る