去らば友よと 告げる声に
 離れがたく切ないと
 泣いている気がしたのに
 引き止めようと 伸ばした手は
 定めとばかりに届くことなく
 ただ その背を見送るだけ

 ゆらり 揺れる髪さえも
 愛しくて心が痛く 苦しくて
 瞬き一つで 零れ落ちる雫
 どうして一言『いかないで』と
 云えなかったのか 今も解らないまま

 まだ伝えたい事が 沢山あるのに
 あなたは今 どこで何をしてますか?

 側にいたのに 気付けなかった
 それを罪だと言うなら
 この心の痛みは 罰なのだろうか
 護りたいと誓っても あなたはいつも
 知らない場所で戦っていて
 未熟だからと何度 自分を貶したか

 ひらり 舞い落ちる花びらさえ
 恋しいあなたを思い出させるのに
 振り返ってもそこに あなたは居ない
 泣き叫びたくても理性が邪魔をする
 『何で』と繰り返し 自分を恨む

 本当は友よりも もっと特別に
 想いを寄せていたと 告げたかったよ

去らば友よと 告げる声に 離れがたく切ないと 泣いている…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
 
 去らば友よと 告げる声に
 離れがたく切ないと
 泣いている気がしたのに
 引き止めようと 伸ばした手は
 定めとばかりに届くことなく
 ただ その背を見送るだけ

 ゆらり 揺れる髪さえも
 愛しくて心が痛く 苦しくて
 瞬き一つで 零れ落ちる雫
 どうして一言『いかないで』と
 云えなかったのか 今も解らないまま

 まだ伝えたい事が 沢山あるのに
 あなたは今 どこで何をしてますか?

 側にいたのに 気付けなかった
 それを罪だと言うなら
 この心の痛みは 罰なのだろうか
 護りたいと誓っても あなたはいつも
 知らない場所で戦っていて
 未熟だからと何度 自分を貶したか

 ひらり 舞い落ちる花びらさえ
 恋しいあなたを思い出させるのに
 振り返ってもそこに あなたは居ない
 泣き叫びたくても理性が邪魔をする
 『何で』と繰り返し 自分を恨む

 本当は友よりも もっと特別に
 想いを寄せていたと 告げたかったよ

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る