貴方の口から貴方には彼女がいることを聞いた。

もう完全に叶わない。
もう叶う見込みすらない。
そうわかった。
なのに、私はまだ貴方を好きなの。

まだ貴方のことが好きで好きで仕方がない。
好きになっちゃいけないって。
傷つくのは自分だってわかっているのに。

貴方への気持ちが
なくなることはないのです。
いつのまにかこんなにも
貴方を好きになってしまっていたのです。
自分でもこんなにも貴方に
気持ちを持ってかれていることに
気づくことができなかった。
今気付いても遅いのに。

貴方の口から貴方には彼女がいることを聞いた。 もう完全に叶…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
貴方の口から貴方には彼女がいることを聞いた。

もう完全に叶わない。
もう叶う見込みすらない。
そうわかった。
なのに、私はまだ貴方を好きなの。

まだ貴方のことが好きで好きで仕方がない。
好きになっちゃいけないって。
傷つくのは自分だってわかっているのに。

貴方への気持ちが
なくなることはないのです。
いつのまにかこんなにも
貴方を好きになってしまっていたのです。
自分でもこんなにも貴方に
気持ちを持ってかれていることに
気づくことができなかった。
今気付いても遅いのに。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る