高校って物を卒業して、
『学生』という枠から飛び出して、
一時は、楽になれたって思ってた。

でも、もうすぐで、
本当に社会人としての生活が始まる。
それがわかった途端、
心が萎縮した。
しり込みしたんだ。情けなくも。

学生の間は、何も考えずにいられた。

自由じゃなかったようで、違った。

失って気づくとはこのことか。
自由を、失って気づいたんだ。今。

例え学校が監獄に感じても、
先生ってのが憎たらしく思えても、
その空間の中で確かに僕らは、
紛れもなく自由だった。

高校って物を卒業して、 『学生』という枠から飛び出して、 …

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
高校って物を卒業して、
『学生』という枠から飛び出して、
一時は、楽になれたって思ってた。

でも、もうすぐで、
本当に社会人としての生活が始まる。
それがわかった途端、
心が萎縮した。
しり込みしたんだ。情けなくも。

学生の間は、何も考えずにいられた。

自由じゃなかったようで、違った。

失って気づくとはこのことか。
自由を、失って気づいたんだ。今。

例え学校が監獄に感じても、
先生ってのが憎たらしく思えても、
その空間の中で確かに僕らは、
紛れもなく自由だった。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る