スマホで撮影したあの日の事、
後ろで君が通り過ぎたのを覚えてる。

何もない日で、何もない時間で、
ただ無意識にスマホで撮影して
そして君が映った、私のパッとしない
スマホに。

それからは気になって、気になって
君に話しかけようとするんだけど
弱気な私は話しかけられなくて……
それでもやっぱり君と喋りたいな。

好きな物、嫌いな物
好きなタイプ、嫌いなタイプ、
そんな風な話を。

スマホで撮影したあの日の事、 後ろで君が通り過ぎたのを覚え…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
スマホで撮影したあの日の事、
後ろで君が通り過ぎたのを覚えてる。

何もない日で、何もない時間で、
ただ無意識にスマホで撮影して
そして君が映った、私のパッとしない
スマホに。

それからは気になって、気になって
君に話しかけようとするんだけど
弱気な私は話しかけられなくて……
それでもやっぱり君と喋りたいな。

好きな物、嫌いな物
好きなタイプ、嫌いなタイプ、
そんな風な話を。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る