二人が笑っているのなら
私はそれで良かった筈だ

それなのに、どうしても、どうやっても

君の優しい声を思い出して
君の優しさが、もう私には向かないとわかってしまって。

時が解決してくれると信じて

少しずつ、君の側から離れたんだ。

幸せでいてほしくて

私はまた、逃げようとしていたんだ。

二人が笑っているのなら 私はそれで良かった筈だ それなのに…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
二人が笑っているのなら
私はそれで良かった筈だ

それなのに、どうしても、どうやっても

君の優しい声を思い出して
君の優しさが、もう私には向かないとわかってしまって。

時が解決してくれると信じて

少しずつ、君の側から離れたんだ。

幸せでいてほしくて

私はまた、逃げようとしていたんだ。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る