やってしまった。
またやってしまった。

また逃げてしまった。

「場違い」と思わざるを得なかったんだ。
目が悪くて気づかなかったが、
この眼球に映っていたのが「あの人」
とわかった途端反射的に
「帰らねばならない」と思った。

「僕はそこに居てはいけないんだ」と。
きっと。いや、絶対。

ごめん。こんな僕で…。
面倒くさいよね…ごめんね……。

やってしまった。 またやってしまった。 また逃げてしまった…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
やってしまった。
またやってしまった。

また逃げてしまった。

「場違い」と思わざるを得なかったんだ。
目が悪くて気づかなかったが、
この眼球に映っていたのが「あの人」
とわかった途端反射的に
「帰らねばならない」と思った。

「僕はそこに居てはいけないんだ」と。
きっと。いや、絶対。

ごめん。こんな僕で…。
面倒くさいよね…ごめんね……。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

1件のコメント

  • 1. 劣等生

    やっぱりダメらしいや。 やっぱり僕は、あのドアの向こうへは入れない。

    1ヶ月前

アプリをインストールして、この作品にコメントしよう!

このままページを見る