僕の知らない間に季節は巡り、
次に君に会う頃には、春は終わってしまう。

僕の知らない間に時間が過ぎていく。

僕の知らない間に君は、
また彼へ思いを馳せているのだろう。


夢の中で見た君は、僕を見ていたのに、
夢が覚めたら君は、目の前から消えてしまう。


手を握る君の温度、
僕の体に腕を回す君の体温、
楽しげに笑う君の悪戯な笑顔、
その全て愛しくて、会いたくなるよ。

もう一度笑い合える日を。
あの当たり前の日々を、もう一度…。

僕の知らない間に季節は巡り、 次に君に会う頃には、春は終わ…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
僕の知らない間に季節は巡り、
次に君に会う頃には、春は終わってしまう。

僕の知らない間に時間が過ぎていく。

僕の知らない間に君は、
また彼へ思いを馳せているのだろう。


夢の中で見た君は、僕を見ていたのに、
夢が覚めたら君は、目の前から消えてしまう。


手を握る君の温度、
僕の体に腕を回す君の体温、
楽しげに笑う君の悪戯な笑顔、
その全て愛しくて、会いたくなるよ。

もう一度笑い合える日を。
あの当たり前の日々を、もう一度…。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る