彼とテレビ電話したとき、

こんなにも大好きな背中が
すぐそこにあって、
かっこよくて愛しい
笑顔がそこにあるのに。

一瞬たりとも
触れることが出来ないことが
もどかしくて切なくなった。

彼とテレビ電話したとき、 こんなにも大好きな背中が すぐそ…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
彼とテレビ電話したとき、

こんなにも大好きな背中が
すぐそこにあって、
かっこよくて愛しい
笑顔がそこにあるのに。

一瞬たりとも
触れることが出来ないことが
もどかしくて切なくなった。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る