憂鬱に過ごすはずだった今日。
朝起きてとても幸せな夢を見たんだ。
周りにバレないように手を繋ぐ夢。
そんなのは遠い遠い手の届かない夢だと知っていて
でも、と期待する僕は
今日こそは話しかけよう
正夢になるために頑張ろう、
そう強く思った。
そう心に決めたのに
あなたを目の前にしたら声が掠れた
挨拶すら出来なかった

でも
僕が授業の準備をしていた時
あなたが久しぶりに意地悪をしてきて
声をかけてきたんだ
「本当はこうされたかったんでしょ?」

ああ、あなたは僕の気持ちも知らないで
よくそんな事を言えるものだなと
今考えたら少し苛つくが
久々に向けられた僕への弄りと
あなたの意地悪な笑みを見たら
もうどうでも良くなるほどに

胸が苦しくなったんだ

憂鬱に過ごすはずだった今日。 朝起きてとても幸せな夢を見た…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
憂鬱に過ごすはずだった今日。
朝起きてとても幸せな夢を見たんだ。
周りにバレないように手を繋ぐ夢。
そんなのは遠い遠い手の届かない夢だと知っていて
でも、と期待する僕は
今日こそは話しかけよう
正夢になるために頑張ろう、
そう強く思った。
そう心に決めたのに
あなたを目の前にしたら声が掠れた
挨拶すら出来なかった

でも
僕が授業の準備をしていた時
あなたが久しぶりに意地悪をしてきて
声をかけてきたんだ
「本当はこうされたかったんでしょ?」

ああ、あなたは僕の気持ちも知らないで
よくそんな事を言えるものだなと
今考えたら少し苛つくが
久々に向けられた僕への弄りと
あなたの意地悪な笑みを見たら
もうどうでも良くなるほどに

胸が苦しくなったんだ

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る