溢れる言葉を押さえ付ける。

君を困らせたくないから。
君と一緒にいたいから。
君と笑いあっていたいから。

自分から行けばいいって理解してるよ。
でも私のプライドが邪魔をするんだよ。
君の声が、
君の話す全てが、
私じゃないと思うと嫌気がさすんだよ。

独占欲がへばりついて離れない。

君は私が離れたらまた来てくれますか?
私が1人だったら、
また私の元へ駆けつけてくれますか?

『親友だった?¿』

そんなのやだよ。
ずっと楽しいままがよかった。

溢れる言葉を押さえ付ける。 君を困らせたくないから。 君と…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
溢れる言葉を押さえ付ける。

君を困らせたくないから。
君と一緒にいたいから。
君と笑いあっていたいから。

自分から行けばいいって理解してるよ。
でも私のプライドが邪魔をするんだよ。
君の声が、
君の話す全てが、
私じゃないと思うと嫌気がさすんだよ。

独占欲がへばりついて離れない。

君は私が離れたらまた来てくれますか?
私が1人だったら、
また私の元へ駆けつけてくれますか?

『親友だった?¿』

そんなのやだよ。
ずっと楽しいままがよかった。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る