好きになってもいいですか?32話


私は言われるがまま彼女の後をついていった。

何なのかは分からないけど、何となく嫌な予感はしていた。

だって、この子は学校でも1番美人だと有名なのだ。

それに、結構性格が悪い。私はこの子があまり好きじゃない。

そして、最初に口を開いたのは彼女だった。

👱‍♀️「あーソユンちゃん、?だっけ?」

ソユン「あ、そうですけど、?」

👱‍♀️「あのさ、ソユンちゃんって、テヒョンくんとどういう関係なの?」

ソユン「え?あー友達、だけど」

👱‍♀️「ふーん、そっか、なら良かった!」

そういった途端、彼女の口角が上がった気がした。

ソユン「それがどうか、したの?」

👱‍♀️「実はね、、、」





"テヒョンくんと付き合ってるの"

好きになってもいいですか?32話 私は言われるがまま彼女の…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
好きになってもいいですか?32話


私は言われるがまま彼女の後をついていった。

何なのかは分からないけど、何となく嫌な予感はしていた。

だって、この子は学校でも1番美人だと有名なのだ。

それに、結構性格が悪い。私はこの子があまり好きじゃない。

そして、最初に口を開いたのは彼女だった。

👱‍♀️「あーソユンちゃん、?だっけ?」

ソユン「あ、そうですけど、?」

👱‍♀️「あのさ、ソユンちゃんって、テヒョンくんとどういう関係なの?」

ソユン「え?あー友達、だけど」

👱‍♀️「ふーん、そっか、なら良かった!」

そういった途端、彼女の口角が上がった気がした。

ソユン「それがどうか、したの?」

👱‍♀️「実はね、、、」





"テヒョンくんと付き合ってるの"

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る