好きになってもいいですか?30話


ソユン「あー、テヒョン」

🐯「おはよ!」

ソユン「あ、お、おはよ//」

🐯「なんでそんな顔赤いんだよ?」

ソユン「え!あ、いや、」

ソユン💭

テヒョンもしかして昨日あったこと忘れてる?

て言ったって昨日の今日だよ!?

忘れるわけないじゃん?

もしかして、無かったことにしてくれようとしてるのかな、?


🐯「ちょっと!ソユン?大丈夫?」

ソユン「え?あー大丈夫」

🐯「ほら、そろそろ行こ!」

ソユン「あ、うん」

ぼーっと考えてたら、いつの間にか学校に着いていました。

ユナ「お!ソユンとテヒョンおはよ!」

ソユン、🐯「おはよ!」

🐤「おはよ!」

そう言って、授業が始まった。

好きになってもいいですか?30話 ソユン「あー、テヒョン」…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
好きになってもいいですか?30話


ソユン「あー、テヒョン」

🐯「おはよ!」

ソユン「あ、お、おはよ//」

🐯「なんでそんな顔赤いんだよ?」

ソユン「え!あ、いや、」

ソユン💭

テヒョンもしかして昨日あったこと忘れてる?

て言ったって昨日の今日だよ!?

忘れるわけないじゃん?

もしかして、無かったことにしてくれようとしてるのかな、?


🐯「ちょっと!ソユン?大丈夫?」

ソユン「え?あー大丈夫」

🐯「ほら、そろそろ行こ!」

ソユン「あ、うん」

ぼーっと考えてたら、いつの間にか学校に着いていました。

ユナ「お!ソユンとテヒョンおはよ!」

ソユン、🐯「おはよ!」

🐤「おはよ!」

そう言って、授業が始まった。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る