#4
会社に着くと、同僚のキム・テヒョンが声をかけてきた。

🐯「イェナ!おはよ!」
🌷「ん、おはよ」
🐯「...なんか、疲れてる顔してるけど大丈夫?」
🌷「え、?あ、大丈夫だよ!」
🐯「...んーならいいんだけど、あんま無理すんなよ?」
テヒョンはこう言って、いつも私の事を心配してくれる。
そういう所が本当に優しいと思う。
🌷「うん、ありがと」
私はそう言って、ニコッと笑った。
すると、急にテヒョンが私の顔を覗き込んできた。
🌷「ちょッ、なにッ...」
🐯「............ん?べっつに〜」
テヒョンはスキップしながら自分のデスクに戻った。
私が、テヒョンを見ながら微笑んでいると、後ろから声を
かけられた。

#4 会社に着くと、同僚のキム・テヒョンが声をかけてきた。…

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
#4
会社に着くと、同僚のキム・テヒョンが声をかけてきた。

🐯「イェナ!おはよ!」
🌷「ん、おはよ」
🐯「...なんか、疲れてる顔してるけど大丈夫?」
🌷「え、?あ、大丈夫だよ!」
🐯「...んーならいいんだけど、あんま無理すんなよ?」
テヒョンはこう言って、いつも私の事を心配してくれる。
そういう所が本当に優しいと思う。
🌷「うん、ありがと」
私はそう言って、ニコッと笑った。
すると、急にテヒョンが私の顔を覗き込んできた。
🌷「ちょッ、なにッ...」
🐯「............ん?べっつに〜」
テヒョンはスキップしながら自分のデスクに戻った。
私が、テヒョンを見ながら微笑んでいると、後ろから声を
かけられた。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る