小さな籠に閉じ込められた
狂った僕の歪んだ心…。

数え切れない軽蔑と
耐え難い程の優しさと
愛しい程の孤独の中で…

震える命は悴んで
助けを求めて開いた口が
ひゅうひゅうと呪詛を吐く…。

生まれてしまった過ちの
罪を贖う魔法があれば
かけて欲しいと願うけど…

無機質な時の流れが
嘲笑しながら流転するだけ…。

小さな籠に閉じ込められた 狂った僕の歪んだ心…。 数え切れ…

檸檬 6ヶ月前

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
小さな籠に閉じ込められた
狂った僕の歪んだ心…。

数え切れない軽蔑と
耐え難い程の優しさと
愛しい程の孤独の中で…

震える命は悴んで
助けを求めて開いた口が
ひゅうひゅうと呪詛を吐く…。

生まれてしまった過ちの
罪を贖う魔法があれば
かけて欲しいと願うけど…

無機質な時の流れが
嘲笑しながら流転するだけ…。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

3件のコメント

  • 1. 檸檬

    また、気を引きたくて、この人の画像を使いました。ごめんなさい…。

    6ヶ月前
  • 2. 月詠『tukuyo』

    小さな籠に閉じ込められて、助けを求めて吐く呪詛ならば、あたしが全て纏ってあげる…。 生まれてしまった過ちを贖う魔法など、檸檬君には、必要ないんだょ…。 その哀しいまでに、愛おしく、健気で、儚げな命を、誰が過ちだと…罪だと言うでしょう…。 そんな愚かな言葉を口にするなら、あたしが其の者の口を、呪詛と言う名の、針と闇色の糸で、二度と開かぬように縫い合わせ、その舌を鬼女の刃で、斬り落としてあげましょう…。 だから、大丈夫…。 あたしはいつだって、此処に居るから…。 檸檬君の闇に、寄り添って居るから…。 小さな籠は、あたしの手の中にあるから、安心して、眠りなさい…。 あたしは、いつだって…此処に居るよ…。

    6ヶ月前
  • 3. 檸檬

    ありがとうございます。本当に、ありがとうございます。 やっと眠れそうです。幸せです。許された気がします。生まれて来ても、良かったのかなと思えました…。

    6ヶ月前

アプリをインストールして、この作品にコメントしよう!

このままページを見る