「ちょっ!ハル、落ち着いてッ!!」

濁流の如く怒りの感情を流れ出す
陽を抑えながら説得を試みる

「離して暦ッ!!なんか知らないけど
運命レベルでコイツは殴っとかないと
いけないって私の魂が叫んでるのぉぉッ!!!」

五十嵐陽はどうしようもない怒りを
目の前の水晶にぶつけようとなおも前進する

「くぅたぁばぁぁれぇぇぇぇッッ!!!」
「落ち着いてハル〜〜ッ!!」

「どいて暦!そいつ殺せないッ!!」
「いや、殺さなくて良いから!
生きてるのかすら怪しいし!」

その後も、なんのかんの言いながら暴れ続けたが
めげずに宥め続けた甲斐あって
なんとかその場は収まった

「ちょっ!ハル、落ち着いてッ!!」 濁流の如く怒りの感情を…

霞月 蓮(かげつ れん) 2ヶ月前

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
「ちょっ!ハル、落ち着いてッ!!」

濁流の如く怒りの感情を流れ出す
陽を抑えながら説得を試みる

「離して暦ッ!!なんか知らないけど
運命レベルでコイツは殴っとかないと
いけないって私の魂が叫んでるのぉぉッ!!!」

五十嵐陽はどうしようもない怒りを
目の前の水晶にぶつけようとなおも前進する

「くぅたぁばぁぁれぇぇぇぇッッ!!!」
「落ち着いてハル〜〜ッ!!」

「どいて暦!そいつ殺せないッ!!」
「いや、殺さなくて良いから!
生きてるのかすら怪しいし!」

その後も、なんのかんの言いながら暴れ続けたが
めげずに宥め続けた甲斐あって
なんとかその場は収まった

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る