原因不明の涙に呑まれて、
零れたまま止まらない水が、
ずっとずっと溢れ続ける。

「どうして?」君は問う。
僕は答えられない。わからないから。

泣いたというのか。不意に溢れたと言う方が合うか。
急だった。自分でも分からなくなるほど。


別に君が意地悪したわけじゃない。
なのに急に僕は涙を流していた。

わからない。自分がわからない。

原因不明の涙に呑まれて、 零れたまま止まらない水が、 ずっ…

死。 2ヶ月前

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
原因不明の涙に呑まれて、
零れたまま止まらない水が、
ずっとずっと溢れ続ける。

「どうして?」君は問う。
僕は答えられない。わからないから。

泣いたというのか。不意に溢れたと言う方が合うか。
急だった。自分でも分からなくなるほど。


別に君が意地悪したわけじゃない。
なのに急に僕は涙を流していた。

わからない。自分がわからない。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

この作品へのコメントはまだありません

アプリをインストールして、この作品の最初のコメントを書こう!

このままページを見る