この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

4件のコメント

  • 1. 水海月

    子供の神々たちに剥奪されたレーヴの記憶、知性、意思。 実は双子の魂がその欠片を持ってたりしない?という発想の勝利(暴走とも言う) 知性+記憶の欠片→ジェイド 意思+記憶の欠片→フロイド みたいな。 だから離れ離れになっても惹きあう力は強くて、繰り返しが発生してイドレヴの因果が強まる。

    1ヶ月前
  • 2. 水海月

    繰り返しの元凶になった神々はレーヴの事は嫌いじゃない。 むしろ大好きなんだけど、宇宙を再編される=生み直す行為=自分達の死、捨てられる認識があって、それを恐れているから、神々は3人を離れ離れにしている。…が、それは自分達の幸せの為にしている行動に過ぎないので、結局レーヴは幸せになれない。 双子は愛しくて堪らない番から愛しきれないまま引き離されるので、元凶の神々に憎悪がある。ので、自分たちでレーヴを幸せに出来る方法を模索している→最終的に宇宙の再編になりかねない愛情になる。

    1ヶ月前
  • 3. 水海月

    仮に宇宙の再編が起きたとして、それは繰り返す事で膨らみすぎたイドレヴのお互いに向ける過度な相互依存と、歪で純粋な愛情だけで引き起こされるけど、イドレヴ本人達はやっと幸せを掴む。メリバ。 こんな感じで共依存、仄暗いメリーバッドエンドが大好きです私。

    1ヶ月前
  • 4. 水海月

    だからお互いに記憶がなくても 本能的に分かるしお互いを選ぶ、 共依存もする…みたいな…… 運命よりも大きなタチの悪いものだと いいなぁと私は妄想したのでした

    1ヶ月前

アプリをインストールして、この作品にコメントしよう!

このままページを見る