それから少しして美少女は君の名前を教えて
くれと言ってきたので、僕は亜蘭だよ。
そっか!ありがとう!それじゃ
私も自己紹介!私は、麗奈だよ、
よろしくね!れいな、っていい名前だね。
そうかなー?でも嬉しいよありがとう。
でも君の名前も結構かっこいいと思うよ?
え、そうかな?自分ではもう少しだけ
男らしい名前にして欲しかったよ。
そっかまぁいいじゃんと言いながら
その麗奈は笑っていた。
釣られて僕も笑っていた。
久しぶりにこんなに笑ったなと心で呟いた。
すると麗奈は、
ハッとしたように時計を見てもうこんな時間
と、慌ててカバンを持ち、君も一緒に帰ろう
と、言ってきた。自分はカバンを教室に
置いていたので校門前で待っててと言って
カバンを取りに行った。カバンの中は
教科書などが切られていて
その紙くずだけがあった。
でも今は待ってくれている人がいたので
それを持ち帰ることにした。
そして麗奈は遅いよー?なにかあった?
と聞いてきたので自分は首を横に振った。
そっかそれなら良かったよ!と言って笑う
彼女に見取れてしまっていた。
それから帰り道で連絡先を教えて貰い
なんでこんな僕に構うのだろうと思った。
なので聞いて見ることにした。
すると5分後にメールの返信が来ていた
それは君が面白そうだからと書いてあった。
それを見ながらにやけてしまった。
恥ずかしいのか、はたまた嬉しいのか
よく分からなかった。
それから少し
麗奈とくだらない話をしていると。
メールが来た。誰からだろうと見てみると
いじめっ子のリーダーだった。
そのメールには明日
金をもってこいとのメールだった。
自分はもうどうしていいか分からず
わかったと返してしまった。

                            END

それから少しして美少女は君の名前を教えて くれと言ってきた…

暇人β深冬 29日前

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
それから少しして美少女は君の名前を教えて
くれと言ってきたので、僕は亜蘭だよ。
そっか!ありがとう!それじゃ
私も自己紹介!私は、麗奈だよ、
よろしくね!れいな、っていい名前だね。
そうかなー?でも嬉しいよありがとう。
でも君の名前も結構かっこいいと思うよ?
え、そうかな?自分ではもう少しだけ
男らしい名前にして欲しかったよ。
そっかまぁいいじゃんと言いながら
その麗奈は笑っていた。
釣られて僕も笑っていた。
久しぶりにこんなに笑ったなと心で呟いた。
すると麗奈は、
ハッとしたように時計を見てもうこんな時間
と、慌ててカバンを持ち、君も一緒に帰ろう
と、言ってきた。自分はカバンを教室に
置いていたので校門前で待っててと言って
カバンを取りに行った。カバンの中は
教科書などが切られていて
その紙くずだけがあった。
でも今は待ってくれている人がいたので
それを持ち帰ることにした。
そして麗奈は遅いよー?なにかあった?
と聞いてきたので自分は首を横に振った。
そっかそれなら良かったよ!と言って笑う
彼女に見取れてしまっていた。
それから帰り道で連絡先を教えて貰い
なんでこんな僕に構うのだろうと思った。
なので聞いて見ることにした。
すると5分後にメールの返信が来ていた
それは君が面白そうだからと書いてあった。
それを見ながらにやけてしまった。
恥ずかしいのか、はたまた嬉しいのか
よく分からなかった。
それから少し
麗奈とくだらない話をしていると。
メールが来た。誰からだろうと見てみると
いじめっ子のリーダーだった。
そのメールには明日
金をもってこいとのメールだった。
自分はもうどうしていいか分からず
わかったと返してしまった。

END

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

2件のコメント

  • 1. 暇人β深冬

    はい!これが自分感だけを信じたやつの末路です! めっちゃ考えて美少女のま名前は麗奈にしました! 僕の方は亜蘭にしました!多分ちょっとづつではありますがこういう物語を見てくださる皆様に感謝をします!

    29日前
  • 2. 暇人β深冬

    本当にこんなくだらならいものにハート沢山ありがとうー!

    29日前

アプリをインストールして、この作品にコメントしよう!

このままページを見る