ふと溢れた涙のわけはわからなかった。

ただ怖かった。

「卒業」ってのと同時に、
皆私を忘れてしまうのではないか、と。

別に忘れられてしまったことがあるわけじゃないんだ。
なのに、怖くて仕方ない。

失いたくないんだ…。
せっかく出来た、「友達」だから。
大事な大事な友達だから。

僕はただ皆と同じ道を、同じように歩きたかった…。
僕の周りの人を「友達」って呼んでみたかった。
ただ、それだけなんだ…。

ふと溢れた涙のわけはわからなかった。 ただ怖かった。 「卒…

過去に喰われる 1ヶ月前

作品が気に入ったら「お気に入りにする」をポチっとおしてね♪
ふと溢れた涙のわけはわからなかった。

ただ怖かった。

「卒業」ってのと同時に、
皆私を忘れてしまうのではないか、と。

別に忘れられてしまったことがあるわけじゃないんだ。
なのに、怖くて仕方ない。

失いたくないんだ…。
せっかく出来た、「友達」だから。
大事な大事な友達だから。

僕はただ皆と同じ道を、同じように歩きたかった…。
僕の周りの人を「友達」って呼んでみたかった。
ただ、それだけなんだ…。

この作品をソーシャルで共有

この作品のURL

5件のコメント

  • 1. 髑髏

    怖いよな。 急にコメント失礼します。(アレやったら、消していいからな。

    1ヶ月前
  • 2. 過去に喰われる

    いえいえ!w自由にコメントしていただいて大丈夫ですよ!w そうですね、卒業が怖いです

    1ヶ月前
  • 3. 髑髏

    璞もあってん そうゆう経験。 中学ん時に仲良かった子らと離れなあかんくて、高校が県外でさ。 地元からも離れるから、忘れられるんやないか、関係が終わるんやないかってめっさ怖かった。

    1ヶ月前
  • 4. 過去に喰われる

    私も怖いんです 友達全員が遠いところに離れ離れって訳じゃないんですけど、ちょっとでも離れたらそれで今までの全部なくなっちゃいそうで。 ちなみにどうやって乗り越えましたか

    1ヶ月前
  • 5. 髑髏

    怖いよな。うん。わかるよ。璞も当時行きたくなくて県外に、離れたくなくてでも璞ん時の時代は、スマホとか出たばっかでさ、連絡先も聞けなくて、....帰省したら会おうかとか 話してて、最初のうちだけ璞寮生活やったんやけど、通話したりしてて話せてたんやけどね。 色々合って、璞の携帯が急に壊れて履歴から全部消えちゃってさw あと部活とかで忙しくなってまって、考えてる余裕なくて疎遠になった。 成人式で久しぶりって、璞ん中ではあの時あの頃で時間止まってたんやけど、ね。 周りはどんどん変わってて、璞が入る隙間もなかったw どうやって乗り越えたかは、環境がそうさせてくれたかな。璞の場合。 長くなってすまん。

    1ヶ月前

アプリをインストールして、この作品にコメントしよう!

このままページを見る